前へ
次へ

個人営業の求人は転職希望者にもおすすめです

個人営業では法人化していない個人事業主など、個人顧客を対象とした営業を行うことが主な仕事内容となります。
お客様のもとへ足を運び営業する方法が最もスタンダードなスタイルで、「飛び込み営業」のイメージを強く思い浮かべる人も多いかもしれません。
その他個人営業の募集には、電話やメールを使って行う営業を主な仕事内容とする求人も存在します。
またアパレル店員や家電製品の店舗スタッフを募集する求人も、「店舗で行う営業スタイル」ということで広い意味では個人営業の求人と言っても良いでしょう。
離職率の高さもあって、個人営業の求人は業種を限定しない限りは非常に多く存在すると言えます。
ただし法人営業よりも1件あたりの売上金が少額となる傾向が強く、数多くの契約を取ってくることを求められます。
また法人営業よりも継続契約が取りにくい環境にあるとも言えるでしょう。
以上のことを踏まえ、個人営業の求人に応募するのに相応しい資質を持つ人は「粘り強く努力できる人」であると言えます。
個人営業の求人は比較的受け入れ門戸が広いことに加え、入社後の頑張り次第では高給を狙うこともできます。
特に不動産業界や金融業界等でその傾向が強く現れます。
コミュニケーション能力に自信のある転職希望者にも挑戦していただきたい職種です。

Page Top